おうぼが消える募集サービスゆるぼをリリースしました

ゆるぼは、Twitterのつながりを利用したゆる〜い募集がカンタンにできて、おうぼが24時間で消えるサービスです。

ゆるぼをカンタンに。| ゆるぼ

募集文章を書くとこんな感じで画像が自動生成されて、URLをTwitterに投稿することでカンタンに募集できます。

f:id:Tosh11:20180430175724j:plain

僕自信もTwitterで何度かゆるぼをしたことがありますが、課題を感じていました。

募集側の課題

・募集ツイート後、いいねが本気応募かノリか見分けがつかない
・たくさん応募が来た時に全員に対応するのがひと苦労

応募側の課題

・リプライで返事をすると公開されてしまうのが嫌
・興味はあるけど、いきなりDMを送るのがハードル高い
・DMを送ったが返事が無いままメッセージ欄にずっと残ってしまうと切ない

ゆるぼを使うことで応募ハードルが下がり、どちらにとっても気楽な「ゆるぼ」をすることができます。

おうぼは24時間で消える

ゆるぼでは「おうぼ」は24時間で消えてしまい、募集者も確認できなくなります。

ユーザーの話を聞く中で、「応募しても返事がなかったら寂しい」と思って応募をためらうことがあると分かりました。

応募が消えると分かっていると、心理的ハードルが下がり気楽に応募することができます。

また、ユーザーは「いつまで待てば良いんだろう…?」という不安からも解放されます。

 心がけたこと

ゆるぼを作る時に心がけたことは、「できるだけシンプルなサービス設計にする」です。

サービス初期の段階では豊富な機能は必要ありません。

コア機能のみ実装して公開して、ユーザーの声を聞きながら本当に必要なものを見極めるのが良いと感じています。

そのためゆるぼは応募者とのやりとりについても、サービス内でメッセージ機能を実装せず、DMでやりとりしてもらう仕様にしました。

今後について

とりあえずコツコツと小さな改善を積み重ねていくつもりですが、これといった展望は見えていません。

もし何かコラボしたい方やサービス、会社様がありましたらぜひお気軽にお声かけ下さい。

ゆるぼへのご意見・ご感想もぜひぜひお寄せ下さい。

引き続きよろしくお願いいたします。

ゆるぼ

ゆるぼをカンタンに。| ゆるぼ

開発者Twitterアカウント

アカネヤ@東大生ブロガー(@ToshioAkaneya) | Twitter

ゆるぼ公式Twitterアカウント

ゆるぼ公式 (@yurubo_pr) | Twitter

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク