YouTubeを1週間見続けたら人はどうなるのか検証してみた

最近のYouTubeはとても面白いです。

人気YouTuberもいて、いくらでも動画を見ることができます。

編集力の高いYouTuberの動画はまるでテレビのようです。

 

さて、長かった大学の夏休みも今日が最終日です。

そこで、夏休み最後の1週間に、YouTubeを1週間見続けたら人はどうなるのかを検証しました。

僕の1週間の視聴記録は次のようになります。

平均して1日9時間ほど視聴しました。

 

生活の大半をYouTube視聴に当てたことになります。

今回視聴したYouTube動画は、日本人YouTuberの動画がメインです。

 

さて、それでは1週間でおきた変化についてお伝えします。

生活が夜型になる

まず、生活が夜型になります。

多くのYouTuberは夜7時~9時に新作の動画をアップロードします。

ですので、夜に動画を視聴することが多くなります。

また、動画視聴というのは疲れが溜まる作業ではありません。

夜遅くなっても眠くならず、ついつい夜更かしをしてしまいます。

YouTuberに詳しくなる

もともとYouTubeは好きでした。

チャンネル登録者100万人以上のYouTuberは大体知っていたのですが、100万人以下のYouTuberはほとんど知りませんでした。

しかし、今回YouTubeを見続けたことでチャンネル登録者100万人以下のYouTuberにも面白いYouTuberがたくさんいることが分かりました。

キツさはなかった

YouTubeの視聴はとても楽しいので、1週間見続けても苦にはなりませんでした。

たまに見過ぎで頭痛も起こりましたが、そのまま見続けることで頭痛も消えて行きました。

キツくなかった原因は、YouTubeの関連動画の正確さにあると思います。

 

YouTubeの関連動画はとても正確で、自分が視聴したいと思う動画を正確に表示してくれます。

これの連鎖が起きて、いくらでも面白い動画を見続けることができます。

あまり得るものがない

ここはデメリットです。

YouTubeの動画はやはり娯楽系が多いです。

これはTVと同じで、動画を見ても勉強にはなりませんし、あまり得るものがありません。

普段から見過ぎるのはよくないでしょう。

感想

今回YouTubeを1週間見続けると人はどうなるかという検証をしました。

感想としては、YouTubeは見過ぎない方が良いということが分かりました。

少しの時間なら気晴らしに良いのですが、長時間の視聴をしてもあまり得るものがありません。

皆さんもYouTubeは見過ぎないように気をつけましょう。

 

スポンサーリンク