web3 1.0をCDN経由で使う方法

こんにちは、学生ブロックチェーンエンジニアのアカネヤ(@ToshioAkaneya)です。

本日は、web3のバージョン1.0をCDN経由で使う方法を解説します。

 

結論から言いますと、https://rawgit.com/というサービスを使うのが良いです(無料です)。

このサービスはしっかりブラウザ版のJSでweb3を送信してくれます。

以下のコードを追加して下さい。

これで、web3 1,0がCDN経由で使えるようになります。

なお、https://rawgit.com/にも書かれていますが、2019年10月以降にこのサービスは中止になる可能性があるそうです。その時には情報を更新できればと思います。

この情報が開発者の方の参考になれば幸いです。

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク