初心者はエディタのショートカットにこだわる必要がない理由

こんにちは、アカネヤ(@ToshioAkaneya)です。

皆さんは何のエディタを使っていますか?

AtomやVS Codeを使っている方が多いと思います。

今回はエディタのショートカットについて初心者が犯しがちなミスについてお伝えします。

初心者が犯しがちなのが、ショートカットにこだわり過ぎることです。

たくさんのショートカットを覚えようとしたり、自己流にショートカットを変更したりしていませんか?

それは良くありません。

ショートカットはタブの切り替えなど、良く使うものを覚えておけば十分なのです。

 

初心者はショートカットを覚えた方が短い時間でコーディング出来る。

という勘違いをしがちです。

確かにショートカットを使うことで、ほんの少しの時間を節約できるかもしれません。

しかし、本当にコーディングで大切なのは、プログラミング言語やライブラリ、フレームワークを理解することです。

ショートカットを覚えたり変更している時間があれば、これらの勉強を進めた方が良いです。

プログラミング言語やライブラリ、フレームワークを理解して、それらの機能を最大限活用できれば、書くべきコード量は激減します。

コード量が少なくなればバグの発見も簡単になります、他人もコードをすぐ理解できるようになります。

たまにしか使わない機能のショートカットを覚えても、使わないのでそのうち忘れてしまいます。

そのような機能はマウスを使えば十分です。

 

もし仮に、このような2人のエンジニアがいたとしましょう。

1人はエディタのショートカットを全て暗記しているが、プログラミングの知識は初歩的なエンジニアです。

もう1人は、ショートカットは少ししか知らないけど、プログラミング言語やライブラリ、フレームワークに精通しているエンジニアです。

どちらのエンジニアの方が優秀でしょうか?

ほんとんどの状況において、後者のエンジニアの方が優秀とみなされるでしょう。

エンジニアに求められるのは、保守性の良い簡潔なコードです。

ショートカットを暗記すれば早くコードが書けるかもしれませんが、それよりもコードの質の方が重要なのです。

初心者の方は、ショートカットに時間をかけすぎないように注意して下さい。

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク