【初心者入門】Solidityとは?その3つの特徴を分かりやすく解説します

こんにちは、学生ブロックチェーンエンジニアのアカネヤ(@ToshioAkaneya)です。

今回はプログラミング言語のSolidityについて、3つの特徴を解説したいと思います。

特徴1.イーサリアムのスマートコントラクトを開発できる

Solidityの最大の特徴は、イーサリアムのスマートコントラクトを開発できることです。

逆にいうと、それ以外の用途に使われることはありません。

そもそも、Solidityはイーサリアムのスマートコントラクトを開発するために誕生した言語なのです。

特徴2.静的型付け言語である

Solidityは、変数の型をプログラマーが宣言しなければならない静的型付け言語です。

よくSolidityはJavaScriptに似ていると言われますが、JavaScriptは変数の型が実行時に付けられる動的型付け言語です。

ここはSolidityとJavaScriptで大きく違う点なので気をつけて下さい。

特徴3.頻繁にアップデートされる。

イーサリアムが頻繁にアップデートされるのと同じように、Solidityにもめまぐるしいアップデートが行われています。

実際にSolidityで開発をするときは、どのバージョンで開発を行えば良いのかしっかり確認するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はイーサリアムのスマートコントラクトの開発用言語であるSolidityを解説しました。

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク