Solidityで署名からアドレスを計算する方法

こんにちは、学生ブロックチェーンエンジニアのアカネヤ(@ToshioAkaneya)です。

本日は、Solidityで署名からアドレスを計算する方法を解説しまうす。

メッセージのハッシュと、署名であるv,r,sを用いて、次のように計算することができます。

ecrecover関数を使うことと、sha3(“\x19Ethereum Signed Message:\n32”, hash)というようにprefixをつけることがポイントです。(prefix付きのメッセージを署名した場合)

開発者の方の参考になれば幸いです。

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク