Rails経験者がFirebase開発でとまどうことと、その対処法

こんにちは、東大生エンジニアのアカネヤ(@ToshioAkaneya)です。

普段はRailsで開発をしているのですが、今回はFirebaseのRealtime Databaseを使って開発することがありました。そこで体験したことをお伝えします。

Rails経験者がFirebase開発でとまどうことと、その対処法

Rails経験者がFirebaseで開発を行うということは、Realtime Databaseを使うということだと思います。

そこで戸惑うことは、データ構造の違いです。

RailsではSQL型のリレーショナルデータベース(RDB)を使用しますが、FirebaseではNoSQL型のデータベースになります。

いわば、Realtime Datbaseが保持するのは一つの巨大なJSONオブジェクトになります。

そこで、参照関係をRealtime Datbaseでどのように保持すれば良いのかが分からなくなってきます。

そこで必要なのは、公式ドキュメントの、データベースの構造化を読むことです。

このドキュメントを読めば必要なことは大体わかります。

まとめ

公式ドキュメントの、データベースの構造化を読むことです。ぜひお試しください。

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク