【プログラミング言語の選び方】プログラミング言語ランキングに惑わされるな

「プログラミングを始めたいけど、どの言語を選べば良いのか分からない…」
そんな事は、ありませんか?

初めて学習するプログラミング言語を決めるのは難しいことです。
そもそも、何を基準に言語を選べばいいのかも分かりません。

ブログラミング言語別年収ランキングで決めるのは良くない

では、毎年発表されている、ブログラミング言語別年収ランキングを見て言語を決めるのはどうでしょうか?

プログラミング言語別年収ランク 1位は世界で人気の「Go」

しかし、このランキングを鵜呑みにしないように注意して下さい。

「ランキング1位はGoか。じゃあ初めてのプログラミングは、Goにしよう。」と何も考えずに決めてしまうのは賢明ではありません。

なぜなら、

初心者が学ぶべき言語 ≠ 年収が高い言語

だからです。

年収が高い上位の言語は、

「その言語を扱えるプログラマーが少ないマイナーな言語」だから、年収が高くつくなんてこともあります。

マイナーな言語は初心者には絶対におすすめしません。マイナーな言語は教材が少なく、学習が難しいのです。

プログラミング言語の選び方

では、どのようにプログラミング言語を選べばよいのでしょうか?

その答えは、ズバリ自分がプログラミングで何をしたいかにあります。

例えば、この言語はWeb開発に向いていて、この言語はアプリ開発に向いている、といったようにプログラミング言語にはそれぞれ得意分野が決まっています。

自分がしたいことが得意なプログラミング言語を学びましょう。
そうすることでプログラミング学習のモチベーションを保つことができます。

おすすめの言語まとめ

・Webサービスが作りたい

Rubyがおすすめです。

・AI・機械学習を習得したい

Pythonがおすすめです。

・Androidアプリが作りたい

Javaがおすすめです。

・iOSアプリが作りたい

Swiftがおすすめです。(iOSアプリを作るにはMac PCが必要になります。)

終わりに

いかがでしたでしょうか。

自分に合ったプログラミング言語を学んで、プログラマーとしての一歩目を踏み出しましょう!

スポンサーリンク