【ホリエモン】いつまで君は円建てで人生を考えているんだろう?

こんにちは、学生ブロックチェーンエンジニアのアカネヤ(@ToshioAkaneya)です。

ホリエモンこと堀江貴文さんの『これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話』がとても興味深い内容でしたのでご紹介します。

堀江さんの本は今まで何冊も読んできましたが、お金について語る本は初めてでした。

しかもこの本は仮想通貨がメインになっているので、堀江さんの仮想通貨に対する見解をたっぷり知ることができます。

上場企業を経営していた堀江さんのお金に対する感覚はとても高い次元にあるな、と感じました。

なお、この本はブロックチェーンの基本的な知識のある方が読むのが良いと思います。

この本で特に興味深いなと思ったのは、江戸時代のお金の仕組みから解説がされていることです。

江戸時代には金と銀、さらには米が貨幣として流通していた他にも、各藩が発行している「藩札」という地域通貨がありました。堀江さんはこのようなことを紹介した上で、次のように述べています。

多様な通貨と信用経済、地域通貨に投機市場──。 こう書き出していくと、現金と銀行預金信仰にいまだに縛られている現代よりも、よほど柔軟に経済が回っていたように思える。そもそも「宵越しの金は持た ない」 という、金銭に執着しない生き方が粋だという価値観もあった。

しかし、この価値観は太平洋戦争後にガラリと変わってしまいました。

僕がこの本を読んで思ったのは、「お金というのは時代によって姿や形を変えてきたんだな」ということです。

今はまだ投機的な側面が強い仮想通貨も、実用化が進むことを願っています。

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク