検索トレンドから探る、プログラミング言語の選び方 – これから学ぶべき言語とは?

以前、プログラミング言語を選ぶときに、年収ランキングを当てにしてはいけないという記事を書きました。

【プログラミング言語の選び方】プログラミング言語ランキングに惑わされるな

こちらの記事に思わぬ反響があったので、今回は検索トレンドから、プログラミング言語を比較をしていこうと思います。

検索トレンドはなぜ大事か?

プログラミング言語の比較をする前に、なぜ検索トレンドが大事なのかについて解説します。

プログラミングを学習する際の一番大きな障害が、「エラーの対処方法が分からなくて困る」というものです。

プログラミングは、少しでも誤りがあると、すぐさまエラーメッセージが出力されます。

自力ではもう、どうにも解決できない…なんてこともザラです。

そんな時に役立つのがインターネット上の情報です。

よく検索されている = 情報が充実している
ということですので、よく検索されているプログラミング言語のエラーほど、解決がしやすくなります。

検索トレンドから探るプログラミング言語

今回は、Googleが提供するサービスの Google トレンドを使ってトレンドを調査しました。

調べたキーワードは、「Python 入門」「Java 入門」「JavaScript 入門」です。(「入門」と入れたのは、初心者向けの調査を行うため。)

人気のプログラミング言語ですが、どのような検索トレンドになっているのでしょうか。

結果は次のようになりました。

(スマホの方は拡大すると見やすいです。)

結果は…Pythonの圧勝!

2013~2016年までは赤色のJavaがトップですが、2017年からは青色のPythonがトップになっています。

2017年に入ってからのPythonの伸びが凄まじいですね。AIや機械学習のブームの影響でしょう。

JavaScriptは大きな動きは見られませんが、安定しているともいえますね。

終わりに

というわけで、今回はPythonとJavaとJavaScriptを比較してみました。

ぜひ、プログラミング言語を選ぶ際には参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク