【note不要論】仮想通貨で記事を販売出来るシステムを開発しました

こんにちは、学生ブロックチェーンエンジニアのアカネヤ(@ToshioAkaneya)です。

ブログを運営している方は、収益化の方法としてnoteで有料記事を販売することはよくあると思います。

できれば自分のブログで販売したいところですが、それを実現するには様々な手間が発生します。

僕は、ブログという信用を得ているプラットフォームがあるにも関わらずnoteでしか有料記事の販売が出来ない現状を課題ととらえました。

そこで開発したのが、イーサ(ETH)という仮想通貨で記事を販売出来るシステムです。

このシステムには2つの特徴があります。

1つ目は、スマートコントラクトを用いることで料金の支払い処理が自動的に行われている点です。

スマートコントラクトによりブロックチェーンに記録された内容は誰でも確認できるため、システムの透明性を確保することができます。

2つ目は、ブログへの導入のしやすさです。わずか1行のコードを埋め込むだけで、有料記事の販売ができるようになります。

noteとブログで記事が分散してしまい困っている方には嬉しいニュースでは無いでしょうか。

 

さて、仮想通貨での有料記事販売ですが、記事の一番下にデモがあります。

デモを動かすには次の手順が必要になります。重大発表があるのでぜひ最後までやってみて下さい!

使い方

1.PC版Google ChromeにMetaMaskをインストールする

PC版のGoogle Chromeが必要です。

Chromeをインストールしたら、仮想通貨ウォレット拡張機能のMetaMaskをChromeに追加して下さい。

MetaMaskは全世界で100万ダウンロードを達成している、ブラウザ用ウォレットのデファクトスタンダードです。

2.MetaMaskアカウントを作成し入金する

MetaMaskのアカウントを作成して下さい。なお、この時現れるSeed Wordはアカウントを復元するための重要なパスフレーズです。必ず控えて置くようにして下さい。

Ethereumメインネットワークをクリックして、Ropstenテストネットワークに変更して下さい。

Ropstenネットワークは、開発用のためにボランティアによるマイニングが行われているテストネットワークです。

Ropsten上のETHはメインネットと違い無料で受け取ることができます。

https://faucet.metamask.io/

ここにアクセスして、request 1 ether from faucetをクリックして下さい。しばらくしてMetaMaskを開くと残高が1ETH増えていると思います。(変更が反映されない時は、ページを更新して下さい。)

これで準備は完了です!

3.ETHを支払って有料記事を購入する

下の0.01ETHを支払うをクリックして支払いを行ってください。(反応しない場合は、MetaMaskにログインしていることを確認して、ページを更新して下さい。)
しばらく待ち、支払いが承認されたら「有料記事を開く」をクリックして下さい。





まとめ

いかがでしたでしょうか。このように仮想通貨・ブロックチェーン技術は実用化が進んでいます。

11/24(土)に仮想通貨・ブロックチェーン業界合同企業説明会in東京が開催されます。

こちらの記事に注目ポイントをまとめたので、興味のある方はぜひ参加して下さい。

【11/24開催 】仮想通貨・ブロックチェーン関連企業合同説明会の3つの注目ポイントとは

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク