蚊には貼るかゆみどめが良い! そのメリットとは

暖かい時期にたくさん出てくる蚊。

蚊に刺されるととてもかゆいですよね。

お困りの方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、貼るかゆみどめがとても良いものでしたのでご紹介します。

みなさんは普段、蚊に刺された時どのような薬を使っていますか?

ペースト状のものだったり、液体の塗り薬を使っている方が多いのではないでしょうか。

僕も以前はそうでした。

でも、あまり効き目がなかったり、服とこすれて薬が取れてしまう。

そういう経験がある方も多いかと思います。

また、かゆい患部を掻きすぎて、かゆみが引いた後に痛みがある。

いわゆる掻きこわしを起こした方もいるかもしれません。

そうなると、かゆみが無くなっても今度は痛くて辛い…なんてことになります。

 

しかし、その問題を全て解決した商品を見つけました。

それがこのマキロンパッチエースです。

これは貼るタイプのかゆみどめです。

直径2cmのシール型の薬になっています。

直径2cmもあれば、ほとんどの場合、刺された場所をカバーできます。

シールは透明ですので、目立つことはありません。

 

貼るタイプのメリットは大きく2つあります。

1つ目は、薬の成分が確実に皮膚にくっつく点です。

ペースト状のものや、液体のものは服とこすれて取れてしまいがちです。

マキロンパッチエースならしっかりと成分が患部に染み渡りかゆみを抑えてくれます。

 

2つ目のメリットは、掻きこわしを防げる点です。

かゆい患部を掻きすぎて、かゆみが引いた後に痛みがある。

これは、シール型のかゆみどめなら大丈夫です。

シールで患部を覆うので、掻くことができません。

成分が染み渡り、気が付けば痒みはなくなっています。

特に、患部を引っ掻きすぎてしまう子供にもオススメです。

 

さて、ここまでメリットを2つ紹介しました。

いや〜な蚊には、ぜひマキロンパッチエースで乗り切ってはいかがでしょうか。

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク