Fluent Pythonを読んで挫折した話

こんにちは、アカネヤです。

自分はRubyとJavaScriptはまあまあ書くことができます。

Pythonの基本文法は知っているんですが、どうもPythonの独自の機能を使いこなせていない感じがします。

どういうことかといいますと、Pythonにある多彩なデータタイプやlist comprehensionを使いこなすことができず、他の言語流に書いてしまっているんです。

どうにかしたいな〜と、思い、 Fluent Pythonを読んでみました。

が、見事に撃沈….

はじめから、__repr__とかの、dunder methodについての説明が網羅的に続いていきます。

データタイプとかを詳しく解説する、メタプログラミングの本だったんです。

たまに自分でGoogle検索しないと理解できません。20~30ページで挫折しました。

やさしい本ではありませんでした。Pythonマニアには評判はいい本なんですが、僕には早かったようです。

またいつか挑戦しようと想います。

【追記】プログラミング学習サービスを開発しました。

この度、ゲームを作って学ぶプログラミング学習サービスの「プロアカ」を開発しました。

PCブラウザで5秒で学習を始めることができます。ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク