ERC721トークンに独自のパラメータを定義する方法

こんにちは、学生ブロックチェーンエンジニアのアカネヤ(@ToshioAkaneya)です。

ERC721トークンを実装するときに独自のパラメータを付与したいことがあると思います。

そのようなときの実装方法をご紹介します。

このように、tokenIdと付与したいパラメータとのmappingを定義することで実装することが出来ます。

この例では、userIdsというstorage変数を定義して、さらに_setUserIdという関数を定義することでERC721トークンにパラメータを付与できています。

この情報が役にたてば幸いです。

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク