電気毛布の賢い使い方を紹介 寒い夜を乗り切る!

睡眠の質はとても大切です。

たとえ長い時間睡眠を取っても、質が低い睡眠では体力は回復しません。

できれば毎日質の高い睡眠を取って、気持ちの良い朝を迎えたいですよね。

 

さて、寒い季節は睡眠の質が低くなりがちです。

今回は電気毛布を使って睡眠の質をあげる方法を紹介します。

睡眠時の寒さ方法はは色々とありますが、一番のおすすめが電気毛布です。

例えばエアコンの暖房機能を使う方法もあります。

しかし、部屋が乾燥してしまうため、朝起きたら風邪を引くことも…

電気毛布は電気によって加熱できる毛布のことです。

電気毛布なら部屋が乾燥することもありません。

 

通常、電気毛布は体に直接当てるようにして使います。

しかし、この方法にはデメリットがあります。

最も大きなデメリットは、電気毛布が熱くなりすぎてしまい長時間の使用が困難だということです。

体が冷えている最初のうちは問題ないのですが、徐々に体が熱くなりすぎてしまいます。

他にも、電気毛布には電熱線が張り巡らされているので肌触りが良くないというデメリットもあります。

これらのデメリットのせいで、眠りにつく前に電気毛布の使用をやめてしまうことがあります。

その結果として、朝起きた時には体が冷えて風邪を引いてしまう…なんてことも。

 

このようなデメリットの無い、効果的な電気毛布の使い方があります。

 

それは、敷き布団の下に電気毛布を敷く方法です。

敷き布団の下に敷くことで、電気毛布の熱がより広い範囲に広がります。

熱が分散するため、体が熱くなりすぎることはありません。

この方法なら一晩中ストレスなく、電気毛布を使用することができます。

また、敷き布団の肌触りも楽しむことができます。

 

しかし、注意点もあります。

それは即効性が低くなるということです。

体との間に敷き布団が入るため、電気毛布の熱が体に伝わるまで時間が掛かってしまいます。

就寝する30分〜1時間前から電源を入れて、あらかじめ布団を温めるのがおすすめです。

 

さて、電気毛布は体に直接当てるよりも、敷き布団の下に敷いた方が睡眠の質が高くなることがお分かり頂けたでしょうか。

 

ちなみに僕の愛用している電気毛布はこちらです。

Amazonで売れ筋で評価の高い製品です。

お手頃価格ながら、洗濯もできて、性能にも満足しています。

まとめ

いかがでしたか?

寒い冬も電気毛布があれば怖くありません。
電気毛布を効果的に使って夜を乗り切りましょう!

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク