ブラウザで英単語の意味を表示させる方法

ブラウザで英単語の意味を表示させて、英語を読みやすくする方法を紹介します。

対象となるブラウザは、PC版のGoogle Chromeです。

Google Chromeをお持ちでない方は、こちらからダウンロード出来ます。

Weblioポップアップ英和辞典を追加する

Chromeに拡張機能の

Weblioポップアップ英和辞典 – Chrome ウェブストア

を追加します。支持に従ってダウンロードを完了して下さい。

f:id:Shun-Yu:20180815080114p:plain

 

すると右上のところに、Wの文字のアイコンが表示されると思います。これでダウンロードは完了です。

それでは早速使ってみましょう!

適当な英語のサイトに行きます。(特に行きたいサイトがないときには、下のリンクから英語版ウィキペディアに進んで下さい。)

https://en.wikipedia.org/wiki/Apple_Inc.

適当な英単語を選択して下さい。意味が表示されます。

なれてきたら、右上のWのアイコンをクリックして、設定をカスタマイズしましょう。

f:id:Shun-Yu:20180815080156p:plain

ここで設定ができます。

適当な英単語の上にマウスをおいて、表示を確かめながら、自分の好みに合わせた設定しましょう。筆者は上の設定です。余計なポップアップが出ないように、やや控えめの設定にしています。

また、表示が全く必要ないときも、ポップアップが出てきてしまい、邪魔に感じることもあると思います。

そういうときはポップアップ機能をOFFにしましょう。

まとめ

Weblioポップアップ英和辞典 は英語を読むときにとても便利です。
分からない単語があるときに、「これってどんな意味だっけ?」というのがすぐに確認できます。

ブラウザの機能で全てを翻訳していては英語力は上がりません。英単語の意味をしっかり覚えて、いつかはポップアップなしで英語が読めるようになりましょう。

それでは良い英語ライフを!

【追記】プログラミングスクールのレビューサイトを開発しました。

この度、プログラミングスクールのレビューサイトの「スクールレポート」を開発しました。

プログラミングスクールの人気は年々高まっているものの、高額な受講料を請求しておきながら質の低い教育を提供する悪質なスクールも見受けられるようになってきました。

今回開発した「スクールレポート」では受講生の方のみレビューを投稿することが出来ます。

プログラミングスクール業界がより健全なものになることを願っています。

スポンサーリンク